プロミス審査と無人契約機の使い方について

標準

04

プロミスで審査を受ける際に無人契約機を有効活用すれば借り入れまでの時間を短くすることができます。できれば今日中に借りたいと考えている方にぴったりのサービスとなっているのでぜひ活用してみてください。

プロミスの申し込みには「フル入力で申し込み」と「カンタン入力で申し込み」の二種類があります。フル入力は入力項目が多く、会社の従業員規模や業種・職種などを明記しないといけません。

そのため入力には時間がかかりますが、審査はすぐにスタートされます。結果的に早く借りることができるので手間を考えても大きな負担とはならないでしょう。

カンタン入力の場合は最短3分で入力が終わる手軽さが魅力です。手続き自体はとてもカンタンで足りない部分に関しては電話で補うという流れになっています。

どちらの方法を活用するにしてもカードを受け取る際に無人契約機が大活躍します。

カードの受け取りは郵送か契約機、もしくはカードを発行しないという選択肢しかありません。カードなしで借り入れするときにはフル入力での手続きが必要で、プロミスのWEB完結に対応している金融機関の口座が必要です。

カード発行の場合はプロミスのローン契約機で受け取ることにより、受け取るまでの時間を短縮できます。

例えば仕事の前に申し込みを済ませておき、審査に通った連絡があれば帰りにカードを受け取って借りられるというわけですね。

審査で職場にばれることはありませんし、安心して活用することができるでしょう。上手に使ってお金のやりくりに役立ててくださいね。

銀行カードローンとプロミスの審査を比較!

銀行カードローンとプロミスの審査は、基準に大きな違いがあります。圧倒的にお金を借りやすいのは、プロミスの審査です。プロミスは消費者金融ですから、銀行よりも基準が緩くなっています。

非正規社員やアルバイト・パートの方でも問題ありませんし、年金受給者でも審査に通る可能性があるとされています。収入の額ではなく、少なくても継続的に一定の収入を得ていれば良いとされるので、多くの人がお金を借りられる可能性は高いです。

しかし、プロミスは消費者金融ですから、貸金業法の影響を受けます。貸金業法の総量規制により、消費者金融では年収の3分の1を超える金額は借入できません。そのため、すでに他社から借り入れがあったりすると、属性に関係なく審査で落されることはあります。

また、審査に受かりお金を借りられるようになっても、年収の3分の1以上は借りることはできません。無収入の主婦や年収の3分の1以上の金額を借りたいなら、銀行カードローンを選ぶ必要があります。

基準だけでなく、プロミスと銀行カードローンには、審査が完了し融資までの時間にも違いはあります。審査のスピードが速いのは、プロミスです。最近では審査の早い銀行も増えてきましたが、プロミスなら申し込み手続きを全てWeb上で行えば、即日融資も可能となっています。

基準が比較的緩くスピードも速いので、急いでお金を借りたい人にとって、プロミスは優れた消費者金融と言えるでしょう。