三井住友銀行カードローンの審査時間と契約方法について

標準

人気のカードローンである三井住友銀行カードローンは、審査時間が最短30分という業界トップクラスのスピードを実現しています。

従って、申し込みから契約完了までも1時間前後という銀行カードローンとしては、最短で即日融資が受けられる商品です。

このように、大手消費者金融並みのサービスが提供できるのは、三井住友銀行カードローンの保証会社をグループ企業のSMBCコンシューマーファイナンスことプロミスが担当しているからです。つまり、審査時間などはプロミスのノウハウを利用しているというわけです。

それでは、三井住友銀行カードローンの契約方法には、どのような方法が提供されているのでしょうか。

実は、ここにもプロミスのノウハウがふんだんに提供されており、まず、銀行系としてはめずらしく、ローン契約機と呼ばれる自動契約機が三井銀行本支店内に合計で700台以上設置されています。

もちろん、審査時間は最短30分ですから1時間前後で契約を完了させ、その場でカードを取得することができます。また、三井住友銀行のホームページから申込むこともできます。

こちらも審査時間は最短で30分で1時間前後で契約を完了させることができます。ただし、三井住友銀行カードローンには振込サービスが提供されていませんので、この場合には、ローン契約機まで出向いてカードを取得するか、カードを郵送してもらわなければなりません。

ただし、三井住友銀行口座所有者であれば、キャッシュカードをローンカードにすることもできますし、インタ―ネットバンキングを利用してすぐに振込・振替ができます。また、店頭窓口、電話、郵送でも契約は可能となっています。

三井住友銀行カードローンの審査では自宅に電話がくる?

審査で自宅に電話がかかってくる可能性があるのは、自営業や個人事業主で自宅をオフィスにしている場合です。三井住友銀行カードローンの審査では基本的に携帯電話へ連絡をかけるので、自宅に連絡があることはほとんどないでしょう。

もしあるとすれば、延滞やその他の理由でかかってくる可能性があるくらいです。三井住友銀行カードローンだけに限らず、他社のサービスでも自宅に連絡があることはありません。

一部のカードローンではもしものときに掛けてほしい連絡先を選ぶことが可能です。また審査で連絡があるとすれば勤務先に在籍確認の電話があります。

その際は三井住友銀行カードローンの申込で連絡しましたとは伝えずに、個人名もしくは三井住友銀行の名を出して審査が行われます。第三者にカードローンの申込であることを伝えてはいけないので同僚にばれることはないでしょう。

三井住友銀行カードローンは在籍確認の対応に対して柔軟に対応してくれるカードローンです。申込後にオペレーターへ伝えておけば、収入証明書の提出によって職場連絡をなくすことができます。審査で誰にもばれたくない!という方におすすめしたいサービスです。

三井住友銀行カードローンのように柔軟な対応をとってくれる銀行はほとんどありません。メガバンクという安心感もありますし、さまざまな職業の方から指示されているカードローンとなっています。

うまく活用してお金の工面に役立ててくださいね。